2015年は動画マーケティングの1年である


2017年は動画マーケティングの1年である

2015年は動画マーケティングの1年

 

最新の海外マーケティング情報を知りたい起業家のための
プラウドメイク英会話®ワールドマーケティングラボ
主宰の矢澤功師です。

 

今年は「動画マーケティングの年」とも言われ、
企業や起業家は
お客様への届く新たなルートを見つけたのである。
動画はソーシャルメディアで目を引き、
お客様に文章を並べ立てなくても、
素早く商品の概要を理解してもらえるのである。
 
なぜ動画コンテンツが爆発的に増えたのか?

それは、
スマートフォンなどで
インターネットの簡単に繋がり、
動画も簡単にアップロードできるように
なったためである。

コストをかけずに楽しい動画を作ることは
今までになく簡単になったのである。

 
企業や起業家としての
ソーシャルメディア動画の主なゴール
関係性をつくること、
コンテンツをシェアされること、
ターゲット顧客層との会話をすることである。
 
忘れてはいけないのは、
企業がソーシャルメディアを通して
人を惹きつけるためには、
コンテンツは関係性があり、
お客様と未来のお客様に対して価値を
提供するものでなければならないのである。

どのソーシャルメディアの
どこで動画マーケティングを使えるのか?

・Facebook及びFacebook動画広告
・YouTube及びYouTube広告
・Vimeo
・Twitter30秒動画及びTwitter動画広告(プロモビデオ)
・Vine(6秒動画)
・Instagram(15秒動画)
・Pinterest及びPinterestプロモートピン、シネマティックピン
・Periscope及びMeerkat
・Blab(ビデオチャットアプリ)

 

ソース元: 
http://www.business2community.com/video-marketing/video-marketing-for-your-business-01356003#kjgajcrYTbJVAsUO.97

 

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客®︎プランナー矢澤功師です。