人のシゴトが羨ましく見えるのは今のシゴトに身が入っていない証拠

今朝東京から名古屋に戻り、
名古屋駅から
タクシーに乗って自宅に戻ったのですが、
 
そのタクシーの運転手さんの
お話に惹きこまれてしまいました!
 
 
今日のメルマガのタイトルである、
 
人のシゴトが
羨ましく見えるのは
 
今のシゴトに
身が入っていない証拠だ!

というのは、
このタクシー運転手さんが
19歳くらいの時に
お父さんから言われた言葉
だそうです。
 
 
現在、
60代後半くらいに見える
このタクシー運転手さん。
 
 
高校を出てからずっと
寿司職人の修行をし、
寿司職人をされていたそうです。
 sushi_counter.png  
高校を出たばかりの時は
寿司職人の師匠や
兄弟子から怒られてばかり、
注意されてばかり、
  
の毎日だったそうで、
辞めたいと想い、
ある日実家に戻ってお父さんに、
 
「俺サラリーマンになりたい!」
と言ったそうです。
 
 
そうしたら、
お父さんは、
「今、どこに住んでるんだ?」 
「師匠の家」
  
「今、誰に仕事を
教えてもらっているんだ?」
「師匠」
 
「今、誰にお給料をもらっているんだ?」
「師匠」
  

そんなやりとりの後に
お父さんが言った言葉が
今日のタイトルである、

そんな恵まれているのに、
人のシゴトが
羨ましく見えるのは
 

今のシゴトに
身が入っていない証拠だ!

 
と言われ、
衝撃が走ったそうです。
 
 
自分は甘かったなぁ、
と感じ、
そこから真面目に
寿司職人になるための
修行に励み、
 
 
怪我をして 
寿司職人が
出来なくなってしまった日まで
 
寿司職人の
プロとしての誇りを
忘れずにシゴトされてきた
そうです。
 
 
 
僕もこの運転手さんの
 
人のシゴトが
羨ましく見えるのは
 

今のシゴトに
身が入っていない証拠だ!

という言葉は
本当にその通りだなぁ、
と想います。
 
 
今のシゴトに身が入っていないから、
人のシゴトが羨ましく見えるんです。
 
 
もしあなたが
人のシゴトが羨ましく見えたら
どうしたらいいのでしょうか?
 
 
僕だったら選択肢は2つです。
 
 
ひとつは、
今のシゴトを、
スパッと自分が身が入る
没頭できるシゴトに変える。
 
  
もうひとつは、
今のシゴトを
徹底的にやりきってみる。
 
 
どちらにしても大事なことは、 
 
ひとつのシゴトに
没頭すること

なんです。

 
そして、
シゴトに没頭するためには、  

そもそも何のために
そのシゴトをするのか?
 
そのシゴトを通じて
何を成し遂げたいのか?
  
という想いが必要なのです。
 
 
あなたはどんな想いで
起業していますか?
 
  
もし、
自分の想いが
すらすら出てこない、とか、
 
自分の想いって
なんだったかな?とか、
 
そんな強い想いも
無しに起業しちゃったんだよな、
  
 
などと感じられた方は、
 
 
僕が執筆した電子書籍、
 
Facebook 47.001.jpeg 

コーチング業の起業家さんが
たった1ヶ月で
月商170万円になったのは
あることを2つだけ
僕が教えたからです。 

 

の中の11ページで解説していますが、
  
  
ひとりの起業家が
自分の想いを言語化し、
 
言語化ができたら、
あとは
売るものを創り、
売る場所を創り、
集客をすることで
  
たった1ヶ月で
月商170万円に到達できたのか?
 
詳しく解説していますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
Facebook 26.002.jpeg

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客®︎プランナー矢澤功師です。